小動物臨床総合誌 MVM(エムブイエム)、小動物腫瘍臨床 Joncol(ジョンコル)、獣医眼科プラクティス、動物看護コアテキスト 発行-ファームプレス

学会・セミナーレポート

第23回日本獣医がん学会 オンライン開催される

 2021年1月26日〜2月16日、オンライン配信での開催となった第23回日本獣医がん学会。新型コロナ感染症拡大による緊急事態宣言下の開催となったが、メインシンポジウム「猫の口腔内扁平上皮癌」をはじめ、総合教育講演8科目、教育講演3演題、内科シンポジウム「骨髄増殖性疾患を理解する」など、例年通り充実したプログラムが展開された。

 メインシンポジウムの特別対談として開催されたのは、「飼い主として闘った猫の口腔内扁平上皮癌~家族目線の体験を振り返る専門医との対談~」(座長:高橋雅先生、鹿児島大学)。動物の飼い主であり主治医でもある大隅尊史先生(東京農工大学付属動物医療センター)が、飼い主かつ主治医の立場から、口腔内扁平上皮癌に罹患した猫の病歴と治療のすすめ方、そして当時の心境を語り、その治療内容に対して、がんの専門医である小林哲也先生(日本小動物がんセンター)が評価しアドバイスしていくという内容。がん治療がもつ様々な側面と主治医としての決断、その治療に立ち向かう動物と家族の奮闘、専門医が語る治療の難しさ――そうしたものが治療の時系列とともに語られた、じつに貴重なセッションとなった。

 また、メインシンポジウムの総合討論では、事前に視聴者から募集した質問に登壇者が答える形ですすめられた。座長である杉山大樹先生(ファミリー動物病院)をはじめ8名の先生方による討論は、多くの質問と答えが行き交う、オンラインであることを忘れるほど手応えのある内容であった。

 この総合討論をはじめ、多くのセミナー、セッションが予定時間を超えて行われ、講師の先生方、視聴の先生方の熱意が感じられた本学会。次回、第24回の日本獣医がん学会の開催日程などについては、日本獣医がん学会ホームページ(http://www.jvcs.jp/)にて逐次発表される予定。

メインシンポジウムの特別対談の様子

日本獣医輸血研究会 第3回学術講習会 開催される

 2020年11月20日(金)〜12月16日(水)、オンラインにて日本獣医輸血研究会 第3回学術講演会*が開催された。

 今回の学術講演会は、獣医師、獣医学生だけでなく、動物看護師、動物看護学生も視聴対象とされ、また、輸血の基礎から、獣医師、動物看護師がすぐに臨床現場で活用できる実践的な内容までを含む講習会となった。

 受講者の認定プログラムとして実施されたのは、「輸血用血液製剤」(講師:仙波恵張先生、日本動物医療センター)、「輸血準備 輸血量・速度の設定」(講師:荻野直孝先生、ALL動物病院行徳/(株)wizoo)、「輸血モニタリング」(講師:中村知尋看護師、日本動物医療センター)の3講座。実際に輸血を行うにあたり、使用する輸血用血液製剤はどのようなものが適当であるか、輸血前の準備の内容、輸血する血液量や輸血の速度の設定、そして輸血中のモニタリングは何に注意をすべきか――といった、輸血療法の一連の流れを知ることのできるプログラムであった。

 今回の講習会のトピックとして、輸血が重要な治療として活用される救急医療の現場で活躍される塗木貴臣先生(TRVA夜間救急動物医療センター)を迎え、「救急における輸血」についての講義も行われた。

 講習会の最後には、事前に本講習会の視聴者から受け付けた質問に答える形で総合討論が行われ、より理解を深めることのできる時間となった。

 長引くコロナ禍によりオンラインでの開催となった本学術講習会だが、輸血に対する知識の底上げを図り、よりよい治療に活かしたいという主催者、受講者両者の思いがしっかりと感じられるものであった。第4回学術講演会の開催の発表が待たれる。


*日本獣医輸血研究会 学術講演会
日本獣医輸血研究会では認定制度を設置しており、全4回の学術講演会の認定プログラムを受講することで認定試験の受験資格が付与される。
認定試験を受験するためには本研究会の会員登録が必要となる。
詳細は同研究会ホームページを参照のこと。
https://www.jsvtm.org/


仙波先生「輸血用血液製剤」の講義の様子


荻野直孝先生の講義では、実際の輸血中の様子も紹介された

第41回動物臨床医学会年次大会 オンライン学会 開催される

 2020年11月22日(日)~23日(月)の2日間(アーカイブ配信:当初、終了後1週間であったが、その後、好評につき2週間まで延長された)、第41回動物臨床医学会年次大会がオンライン配信にて開催された。前回、記念すべき40回目という大きな節目を迎えた同大会は今年度、長引くCOVID-19の影響からオンラインでの開催を与儀なくされたが、はじめての試みを盛況のうちに終了させた。

 2日間で28セミナーが開催され、「知っておくべき猫の整形外科疾患」(本阿彌宗紀先生)、「心臓病に対してどんな利尿薬をどう使うか―フロセミドからトルパプタンまで―」(合屋征二郎先生)ではLIVE配信で質疑応答も受け付け、リアルタイムで参加する魅力を感じられるセミナーとなった。加えて、水谷哲也先生(東京農工大学)、木村佑哉先生(北里大学)によるセミナー「臨床獣医師は新型コロナウイルスにどこまで気を配るべきか」は、すべての獣医師の先生に訴えかけるテーマであった。

 次回、第42回動物臨床医学会年次大会の開催については今後告知される予定だが、このコロナ禍での開催を経て、変化していくであろう同大会に大いに期待を抱かせる内容となった。

宮川優一先生(日本獣医生命科学大学)のセミナーのテーマは「慢性腎臓病の管理に重要なリン・カルシウム代謝異常とFGF-23」

学校法人シモゾノ学園『シモゾノ学園どうぶつ祭』開催

2020年11月1日(日)に東京都世田谷区の国際動物専門学校で『国際★どうぶつ祭』、埼玉県さいたま市の大宮国際動物専門学校で『大宮国際★どうぶつ祭』が開催された。
例年であれば2日間開催し、1,000名を超える地域の方々も参加するイベントであるが、今年度は新型コロナウイルス感染症対策で、在校生の保護者と、進学を希望する高校生のみを対象とし、来校者数管理のため午前と午後の完全予約制での1日開催となった。
本来このイベントは、学生たちの学びはもちろん、日頃からお世話になっている地域の方々へ動物の魅力を伝えることを目的のひとつとし、地域貢献・社会貢献となるよう開催している。多くの人が来校できないことは残念ではあったが、さまざまな学校イベントを中止せざるをえない状況の中で、学生たちの思い出づくりとしても意味ある1日となった。
学生たちは学びの成果を発表するため、それぞれ特徴のあるイベントを行った。
動物飼育系の学科では、エキゾチックアニマルとのふれあいや、アニマルショー、また海の動物を紹介するためのタッチプール、水槽展示を行った。
ドッグトレーナーの学科は、トレーニングの成果であるデモンストレーションを披露し、犬との信頼関係を表現した。これは学校動物との信頼関係がなければできないパフォーマンスとなっており、来校した方々に動物たちの魅力を伝えることができた。
動物看護系の学科では、動物看護に関わる体験コーナーを実施。
トリマーの学科では、学生たちが作った犬用の洋服でドッグ・ファッションショーを開催、カラーリング・デザインカットを施したプッチー(トイ・プードルの人形)の展示などを行った。
その他にも、いろいろな動物たちとのふれあいや、景品付きのゲーム、新しい生活様式に合わせたデコレーションマスクづくりなどのブースもあった。来校者に喜んでもらうためのこうしたイベントを、学生たちが考えた。
『どうぶつ祭』は、卒業後に動物業界の仕事に就くことを目指す学生たちにとって、お客さまとのコミュニケーション力を身につけるための大切なイベントでもある。就職を控えた学生たちの実践力を伸ばす、貴重な機会ともなった。

 

オンライン日本臨床獣医学フォーラム 第22回年次大会 開催

 2020年9月にホテルニューオータニ東京での開催を予定していた第22回日本臨床獣医学フォーラム年次大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者の安全を最優先に、会場での開催を見送り、オンラインでの開催へと変更。同年9月19日(土)~10月11日(日)に開催された。
 第21回までは、受講者は実際に会場へおもむき、思い思いの講演会場へ足を運んでいた。今回はオンラインでの開催のため、参加者は移動時間を割愛し、すべての講演をじっくりと受講することができたことは、大きな利点となった。

 プログラムは「ライブ配信」と「収録配信」に大別され、さらに参加者が受講しやすいように、「スペシャリストの症例カンファレンスZONE」「海外講師ZONE」「アップデートZONE」「苦手克服ZONE」「技術習得ZONE」「初めの1年で習得すべきZONE」「動物看護師ZONE」「企業プロデュースZONE」「市民ZONE」と画面上でZONE分けされ、学びたい配信をすぐにみつけられるように案内されていた。

 ライブ配信では、座長をおき、前半に演者が講演し画面上では並行して受講者からの質問がチャットで寄せられ、参加者たちは、画面の向こうで同様に受講されている参加者の方々のリアクションを共有することができた。後半は、チャットで寄せられた質問へ、座長への仕切りのもと演者が回答していった。
 また、収録配信では、開催後も引き続きオンライン配信され、期間中以外も閲覧することが可能となった。
 日本臨床獣医学フォーラム第22回年次大会はオンラインならではのよさを十分に満喫できる大会となった。


企業展示も、一社ずつ、じっくりとみられ、
ブースでの閲覧とは、一味違った充実した
企業展示となった

JaVECCS 新型コロナウイルス感染症流行拡大をうけ臨床現場への支援にむけてアンケート実施

 今回の新型コロナウイルス感染症の流行拡大をうけ、一般社団法人日本獣医救急集中治療学会(JaVECCS)は、最前線の医療現場への支援をめざし、具体的な支援策にむけ、アンケートを実施。
 アンケートをもとに、マスクやグローブ、ガウンなどの医療物資の提供を推進する。
 

【アンケート回答先】※アンケートは終了いたしました。
https://shoutout.wix.com/so/feN75H-iJ?cid=73a65c47-fa95-43ca-a86e-ba736f719161#/main
【JaVECCS運営事務局】
info@javeccs.com 


アンケートのトップ画面の様子

法獣医学研究会 発足シンポジウム開催される

 去る2020年2月23日に法獣医学研究会発足シンポジウムが「動物虐待における獣医師の役割」をテーマに日本獣医生命科学大学において開催された。同シンポジウムには、獣医科大学教員、行政関係者、法律研究者らコアメンバー約20名が参加した。

 2019年に改正された動物愛護管理法において「みだりに殺された、傷つけられた、虐待されたと思われる動物を発見した際に、遅滞なく都道府県等に通報すること」、すなわち、動物に対する虐待を獣医学的証拠によって科学的に評価して通報することが獣医師の義務であると規定された。動物虐待は動物と人がかかわるところすべてで発生する可能性があり、対象動物(牛、馬、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと、あひる、そのほか人が占有している動物でほ乳類、鳥類、は虫類に属するもの)にかかわる獣医師と行政・警察との連携も必要となることから、テーマに沿った以下の内容が講演された。

 「動物虐待と動物愛護管理法」長田啓先生/環境省自然環境局総務課動物愛護管理室、「動物虐待と(地方)獣医師会」佐伯潤先生/(公社)日本獣医師会動物福祉愛護職域担当理事、(公社)大阪府獣医師会会長、帝京大学、「動物虐待と中毒」石塚真由美先生/北海道大学獣医学研究院毒性学教室、「動物園動物の福祉」川上茂久先生/群馬サファリパーク、「動物虐待に対する獣医師の役割」田中亜紀先生/日本獣医生命科学大学。

 講演に続いて行われた総合討論では、法律に関する思考実験なども取り入れ、多角的な意見交換が行われた。

 動物虐待や動物の不審死体および中毒死等は、地域内での反社会行為を示唆し、動物にかかわる犯罪行為の実証には獣医学的知見が必要不可欠であり、近年多様化している獣医学への社会的要求に応えるために発足した法獣医学研究会からの今後の情報発信が期待される。

 

第16回日本獣医内科学アカデミー学術大会(JCVIM2020) 開催

 2020年2月21日(金)~23日(日)、第16回日本獣医内科学アカデミー学術大会(JCVIM2020)が、パシフィコ横浜(神奈川県)で開催された。
 実行委員のメンバーに新たに西飯直仁先生(岐阜大学)と小林沙織先生(岩手大学)も加わり全国規模での準備がすすみ、今年もより充実した展示・企画が展開され、多くの共催団体による講演も実施された。日本獣医がん学会、日本獣医腎泌尿器学会、日本獣医皮膚科学会、獣医臨床感染症研究会、小動物ウイルス病研究会、獣医臨床寄生虫学研究会、JSFMねこ医学会、獣医臨床感染症研究会、共同運営夜間救急動物病院連絡会、日本獣医輸血研究会、日本獣医動物行動研究会等、30を超える学会や研究会が参加し、専門性の高いプログラムを展開した。伴侶動物獣医療における幅広い分野のセミナーが、獣医師や動物看護師向けに実施され、参加者たちは3日間、思い思いの会場へ足を運んだ。
 また、今大会では新型コロナウイルス感染症の影響により、参加者の安全を優先し、懇親会、アワード受賞式や一部セミナーが中止された。いっぽうで「新型コロナウイルス感染症に対して、我々獣医師がまずは正しい知識をもっておくことがきわめて重要」という主催者側の認識に基づき、多くの獣医師が集まる本学会で緊急企画として、前田 健先生(国立感染症研究所、獣医科学部部長)座長により、高野友美先生(北里大学)、奥村 敦先生(米国アレルギー感染症研究所/コロンビア大学)のご講演による「人と動物のコロナウイルス感染症に関する臨時特別セミナー」が開催される一幕もあった。
 なお本年のJCVIMアワード(症例検討アワード、協賛:ファームプレス)は、山口大学の溝口広樹先生による「High-grade B細胞リンパ腫の長期治療中にT細胞リンパ腫を続発した犬の1例」、四国動物医療センターの入江充洋先生による「細胞診でリンパ腫が疑われた重症熱性血小板減少症(SFTS)の猫の1例」が受賞した。
 「専門医制度に関してアジア獣医内科学専門医協会(Asian College of Veterinary International Medicine, AiCVIM)は次回のAMAMSにおいて、レジテントプログラムを公表し、アジアでの専門医制度を本格的に始動させる。JCVIMはAiCVIMとの緊密な協力関係のもとで『参加者にとって魅力あるプログラムの提供』を第一の目標とする」という本大会長。
 3日間で2,751名の参加者が集った本学術大会。来年の第17回は、2月19日(金)~ 21日(日)にパシフィコ横浜の新施設、ノースにて開催予定。益々の活躍が期待される。

各会場には、感染予防の協力を呼びかけるスライドが掲示されていた

緊急企画「人と動物のコロナウイルス感染症に関する臨時特別セミナー」の会場の様子

共同運営夜間救急動物病院連絡会(NANEHA)第7回会合 開催される

 2020年2月22日(土)、共同運営夜間救急動物病院連絡会(Nationwide Jointly Operated Nighttime Emergency Animal Hospital Association、NANEHA)第7回会合が、パシフィコ横浜(日本獣医内科学アカデミー開催期間中/神奈川県)で開催された。

 夜間救急の現場スタッフの安全確保や職場環境改善、スタッフ拡充等について、夜間救急動物病院の運営・経営の視点から、情報交換を行うことを主な目的に設立された本会には、全国の24の夜間救急病院が集う。
「夜間救急病院から、かかりつけ医へのスムーズな受け渡し」「各病院の給与体系」「スタッフ間での無記名評価のメリット」「スタッフのモチベーション維持」「収益を如何にあげ、スタッフの生活を保障するか」「二次診療との融合」「子育て中の女性スタッフの働きやすさを考え、夜間の救急から集中治療科の充実も視野に入れる」「コメディカルスタッフの拡充」など今回も話題は多岐にわたり、良質な夜間救急病院を目指し、熱心な意見交換が展開された。

 本会の活動は今夏より、一般社団法人日本獣医救急集中治療学会(JaVECCS、2019年設立)へ引き継がれる。
 日本にとどまらず、アジアというフィールドでもイニシアチブをとっていく意欲あふれるJaVECCSでの、新しい活躍が期待される。


話し合いの様子。NANEHAを設立し、黎明期より本会を牽引してきた佐藤昭司先生が進行を務める

JaVECCS理事長であり、NANEHA初期より参加してきた中村先生が、JaVECCS移行後の展開を説明

学校法人シモゾノ学園 2019年度年次大会 開催される

 2020年2月20日、東京・北とぴあにおいて、学校法人シモゾノ学園 2019年度年次大会が開催された。
 学校法人シモゾノ学園(理事長:下薗惠子先生)では、毎年、国際動物専門学校(東京校)、大宮国際動物専門学校(大宮校)合同の年次大会を開催している。本大会では、他分野で活躍する特別講師の講演をはじめ、学生たちの行ったグループ研究の優秀作品発表および表彰、夏に行われた両校の「どうぶつ祭」や学内活動における各種表彰などが行われる。
 今回の特別講演には、「動物ものまね芸」を寄席で演じる江戸家まねき猫氏が招聘された。動物の鳴き声を出すコツや、鳴き声の意味、芸を磨くため動物と接した体験などを語ったうえで、得意芸である鶏や猫の鳴き声などが披露された。
 学生たちの人材育成プログラム「社会的基礎力プロジェクト(MSP)」には、研究成果のポスター作成のみならず、口頭での解説とパフォーマンスも含まれている。優秀作品に選ばれた各チームは、子育てする女性の就労、野生熊との共生への取り組み、豚熱(豚コレラ)対策といった現代的なテーマを扱い、文字通り「チームワーク」の成果をみせる発表を行った。
 さらに本大会は、間近に控えた動物看護師統一認定資格試験の決起会であり、また次年度の就職活動激励会ともなっている。動物業界で求められる専門的な知識・技術を身に付け、社会で活躍するための試練に挑戦する学生たちに、下薗僚章先生(大宮国際動物専門学校校長)が激励の言葉をかけ、大会は終了した。
 動物看護師の国家資格化に向け、各専門学校はカリキュラム充実を図っており、意識も高まりつつある。過渡期にある学生たちだが、明るさと力強さを感じさせる本大会であった。

開会の挨拶をされる下薗惠子先生

会場の様子

次のページ »