小動物臨床総合誌 MVM(エムブイエム)、小動物腫瘍臨床 Joncol(ジョンコル)、獣医眼科プラクティス、動物看護コアテキスト 発行-ファームプレス

学会・セミナーレポート

第12回 動物看護大会

 第12回となる(一社)日本動物看護職協会主催「動物看護大会」が2022年12月12日〜2023年1月8日(当初の終了日2022年12月25日から好評につき延長された)、昨年同様オンラインにて開催された。今回は、愛玩動物看護師国家試験直前のタイミングということから、「愛玩動物看護師 国家資格取得後の未来」をテーマに、国家試験対策に重きを置いたセミナーが多数用意された。

 動物看護師という職業の歴史を振り返る「イギリス・アメリカ・日本の動物看護の歴史から見る愛玩動物看護師」(山川伊津子先生、ヤマザキ動物看護専門職短期大学)をはじめ、動物看護師の資格制度の先進国であるアメリカと日本の現状を比較し、愛玩動物看護師がどのような資格へと発展していくべきかを考える「ケアの質、やり甲斐、利益の交差点:愛玩動物看護師をどう活用するべきか?」(Kenichiro Yagi氏、獣医療救急グループ主任動物看護師兼RECOVERプログラムディレクター)は、改めて今、獣医療関係者が当事者としてみるべき内容ではないかと思われた。

 国家試験対策として「国家試験対策「過去問がないということ」~礎となる技術はある。あとは効率的に~」(西村裕子先生、千葉科学大学 動物危機管理教育研究センター)、「統一認定試験徹底分析 そこから読み解く国試攻略法」(鈴木 勝先生、獣医師国家試験対策研究会代表)といったセミナーでは、どのように試験対策を練るべきかや、効率のよい勉強法が具体的に示され、試験勉強に苦慮する受験生への力強いエールとなったと思われる。

 また、座談会「愛玩動物看護師のこれから ~海外の現状から学ぶ、日本の明るい未来へ向けて~」では、Yagi氏、末松正弘先生(AMC末松動物病院院長)、横田淳子日本動物看護職協会会長、中村陽子同副会長が、それぞれの立場から描く愛玩動物看護師の目指すべき姿や目標を語る、熱のこもった内容であった。なかでも、Yagi氏の「動物看護師は離職率が高い。離職させないためには、周囲から評価を得てモチベーションを維持する必要がある」「そうした点も含めて獣医師にリーダーシップを求めたい」といった言葉は、今後、愛玩動物看護師が活躍するうえで重要なポイントとなっていくのではないだろうか。また、末松先生からは、「愛玩動物看護師が誕生したあとの継続的な支援、待遇をどのようにすすめるかを考える必要がある」といった、獣医師、動物病院の経営者の立場からのお話も伺うことができた。

 愛玩動物看護師の誕生は、当事者である愛玩動物看護師を目指す者だけでなく、すべての動物医療関係者に大きくかかわる出来事でありながらも、これまでは、どのように具体的にかかわるかについてはっきり語られてこなかったのではないかと思われる。同大会のような場を通して、さまざまな立場で愛玩動物看護師という新しい職業について考え、討論することが愛玩動物看護師、ひいてはこれからの獣医療をつくっていくことにつながるのではないだろうか。

(一社)日本動物看護職協会HP https://www.jvna.or.jp/

座談会「愛玩動物看護師のこれから ~海外の現状から学ぶ、日本の明るい未来へ向けて~」の様子



西村裕子先生「国家試験対策「過去問がないということ」~礎となる技術はある。あとは効率的に~」の様子

第109回HGPIセミナー「小動物臨床現場での感染症とその未来を考える」開催

 12月9日(金)、日本医療政策機構(HGPI:Health and Global Policy Institute、代表理事、黒川 清氏)による、第109回HGPIセミナーがオンラインにて開催された。
 本機構は非営利、独立、超党派の民間の医療政策シンクタンクとして2004年に設立された。設立以来、中立的かつグローバルなシンクタンクとして、市民主体の医療政策を実現すべく、幅広いステークホルダーを結集し、社会に政策の選択肢を提供している。

 109回を迎えるこの度のセミナーは「小動物臨床現場での感染症とその未来を考える-薬剤耐性の現状と対策・伴侶動物と新興感染症」をテーマにオンラインで配信。薬剤耐性(AMR)への対策について、村田佳輝先生(むらた動物病院、東京農工大学農学部附属感染症未来疫学研究センター、獣医臨床感染症研究会(VICA))が登壇し、「1.One Healthの知識/人獣共通感染症とその対策」「2.小動物臨床での抗菌薬使用状況」「3.小動物臨床での分離菌」「4.小動物臨床での薬剤耐性菌の現状」「5.薬剤耐性(AMR)対策と獣医臨床感染症研究会(VICA)」の5つの項目にわけて詳細に解説。
セミナーでは咬傷感染症やレプトスピラ症、SFTS、Q熱、ブルセラ症といった人獣共通感染症での症例ごとの感染防御方法や、耐性菌の出現要因として抗菌薬の過剰使用や誤用について、獣医師の立場から解説。愛玩動物での抗菌薬販売量や尿培養分離菌種別の薬剤耐性率といった内容が、ご自身の動物病院や、会長を務める「獣医臨床感染症研究会(VICA)」の過去データや症例をまじえ、詳細にかつわかりやすく紹介された。
 小動物臨床において薬剤耐性菌は増加傾向にあること、抗菌薬の慎重使用の徹底、抗菌薬使用量の調査継続の重要性、また2013年に臨床獣医師の有志により立ち上げられた「獣医臨床感染症研究会(VICA)」の活動内容も紹介された。同会の動物病院の単位であるもののアンチバイオグラム(薬剤感受性率)の利用で広域抗菌薬の慎重使用による耐性菌の減少が数値で示され、その結果、アンチバイオグラムの効果的な利用により耐性菌減少が可能であることが証明されたという報告がなされた。

 本セミナーは獣医師の他、幅広い職種の、そして広い年齢層の聴講者が参加し、最後の質疑応答では、獣医療以外の多角的な視点からも質問が多数よせられた。村田先生が獣医師の立場から、新型コロナウイルスとの関連、動物-ヒトへの感染、体重や年齢とAMRの関係、2023年から国家資格者が生まれる愛玩動物看護師の役割、地球規模で最も危惧されている、過剰に抗菌薬を含んだ下水を魚たちが体内に取り込んでしまう問題など、一つひとつ丁寧に回答されている姿が印象的であった。
 最後に「小動物の話を通して、感染症問題の全体像を感じることができるセミナーであった」とHGPI代表理事の黒川氏が、本セミナーの印象を語った。

日本医療政策機構の詳細及び当日のセミナー概要は以下URLからも閲覧可能。
https://hgpi.org/
https://hgpi.org/events/hs109-1.html


講演中の村田佳輝先生。オンラインセミナーの一画面

日本獣医輸血研究会第7回学術講習会および第1回JSVTM認定輸血コーディネーター認定試験 実施される

12月4日、対面による日本獣医輸血研究会第7回学術講習会が東京農工大学で開催された(ハイブリッド形式であり、配信は1月8日まで視聴可能)。

 また、昨年度から告知されていたとおり、第1回「JSVTM(日本獣医輸血研究会)認定輸血コーディネーター認定試験」も同日実施され、過去6回にわたる学術講習会で知見を積んだ獣医師と動物看護師が試験に臨んだ。受験者からは、「やや悩む内容だった」「勉強してきた成果があればよいが」といった声がきかれた。

 学術講習会では、同研究会会長・内田恵子先生によるご挨拶に続き、JSVTM認定輸血コーディネーターの認定プログラムである2つのセミナー「輸血適応疾患と限界」(井手香織先生、東京農工大学)、「血液製剤の投与方法」(仙波惠張先生、日本動物医療センター)が実施された。

 いずれの講義でも「輸血はあくまで対症療法である」「副反応を伴うリスクがある」「実効性のある輸血を行うべき」という点が強調されていたことが印象的であった。

 森下啓太郎先生(北海道大学)による「ジャーナルクラブ」のテーマは、「異種間輸血」について(発表の冒頭、先生ご自身は異種間輸血を推奨する立場でも否定する立場でもないことを表明された)。

現代では考えづらいが、1800年代までは動物から人への輸血が横行し、その後、血液型や自然抗体などの研究がすすんだことで動物から人への輸血は禁止された歴史があること、また、1960年代からは犬から猫への異種間輸血がされはじめ、現代のヨーロッパにおいても犬から猫への輸血が行われていることなど、異種間輸血の歴史を振り返る興味深い内容であった。

 同セミナーの主題は、臨床現場における猫のドナーの確保の難しさと、重篤な状態にある猫の患者に対する輸血をどのように考えるか、というもの。日々の診療のなかで多くの先生が直面する可能性のある難しいテーマを改めて考える機会となったのではないかと思われる。

 講習会は、輸血合併症をテーマにした症例検討会で幕を閉じた。配信とのハイブリッドとはいえ、2020年以来、2年ぶりの対面による学術講習会は、画面の向こうで淡々とすすむのではなく、セミナー参加者と登壇者の先生方が生み出す、張り詰めたり和んだりする雰囲気のなかですすんでいった。そのような会場の雰囲気を味わうこともまた、学術講習会に参加する楽しみであることを思い出した1日であった。

日本獣医輸血研究会HP https://www.jsvtm.org/

セミナー「輸血適応疾患と限界」(井手香織先生)の様子

森下啓太郎先生による「ジャーナルクラブ」の様子

日本臨床獣医学フォーラム 第24回年次大会 2022 オンライン 終了

 昨年度に続きオンライン開催となった、日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)の年次大会(開催:2022年 9月22日 ~12月9日)。今回は、「世代間、各地域、現在と未来、獣医療スタッフとご家族、人・動物・環境など、JBVPがテーマにしてきた様々なつながりをもう一度意識したい」(日本臨床獣医学フォーラム 年次大会実行委員長・山岸建太郎先生)との思いから、「CONNECT」をテーマに、前期・後期合わせてじつに185セミナーが用意された(Web LSアーカイブ、2021年年次大会、2022年WJVF再配信も含む)。

 同学会の恒例となった、登録のみで誰でも無料で視聴できる「一般(ご家族)プログラム」をはじめ、新企画「一般ショートプログラム」では、「肛門嚢のお手入れ」「お薬の飲ませ方」「ご飯を嫌がる犬猫への工夫」といった、知っていることで動物とご家族がハッピーになれる内容も盛りだくさんで、獣医療関係者だけでなく、動物とその家族にも貴重な機会となったと思われる。

 また、登壇者と参加者が対面でディスカッションする様子を収録した新企画「リアルセミナー収録」も用意された。竹村直行先生(日本臨床獣医学フォーラム会長、日本獣医生命科学大学)と学生が実際の症例について検討する「竹村研究室の心電図ゼミ 2022」、小笠原聖悟先生(アイデックス ラボラトリーズ(株))が1年目の若手獣医師をあつめディスカッションする「Dr.小笠原の臨床病理ラウンドテーブルディスカッション」はいずれも、視聴者も一緒にその場に参加しているような臨場感をおぼえる内容であった。オンラインでありながら、参加する楽しみを実感できるこうした新しい試みも本学会の魅力といえる。

 加えて、来年2月に行われる愛玩動物看護師国家試験の受験対策としても見ておきたい動物看護師向けプログラムでは、「感染症学」「麻酔・疼痛管理学」「血液病学」など、ますます幅広い内容が用意された。

 オンライン開催となって久しく、その手軽さから、学会に参加するハードルが下がったいっぽうで、学会に参加してこそ得られる満足感は感じづらくなっているのではないかと想像する。それでもなお、新たな試みで参加者の知的好奇心を刺激するこうした学会こそが、仕事以外の場で誰かの話を真剣にきいたり、なにかについて考え討論する楽しみを提供してくれていると感じた参加者は多かったのではないだろうか。

日本臨床獣医学フォーラムHP https://www.jbvp.org/

「Dr.小笠原の臨床病理ラウンドテーブルディスカッション」の様子

一般ショートプログラム「お薬の飲ませ方:猫編」の様子


東京農工大学 小金井動物救急医療センター 開所

 (大)東京農工大学は、既存の府中キャンパス内の農学部附属動物医療センターに加え、2022年11月28日(月)に小金井キャンパス内に小金井動物救急医療センター(東京・小金井市)を新規開設。それに先駆け同年11月24日(木)に開所式が行われた。
 「1つの大学で2つの動物医療病院を設置するのは、全国で初となる」と学長の千葉一裕先生。また既存の附属動物医療センターでは「腫瘍科」「整形外科」「動物行動科」「内科」「軟部外科」「循環器科」「皮膚科」「放射線科」「臨床繁殖科」の専門医療を、この度新設の当センターでは「総合診療科(救急も対応)」「放射線治療科」の診療を実施する。互いに連携し、2次診療の一層の充実を図る。これらを統括するため「動物病院機構」が設立され、機構長は当センター長の千年 篤先生が兼務することとなった。
 当センターは2フロアで構成され、1階は6つの診察室、内視鏡検査室や歯科処置室や、X線検査室、CT検査室、MRI検査室、超音波検査室、感染入院室2つを備える。2階は3つの手術室、犬猫用にそれぞれ独立した入院室・ICU、大型犬入院室がある。
 また3階にはディープテックイノベーションスペースとしてラボオフィスも整備されている。この環境をいかし、当大学の工学研究院との連携、獣医・工連携を含む農工学融合をベースとした共同研究を実施する。当センターでの診療を基盤とした研究を推進するという。
 当センターは11月28日(月)からスタートするが、「放射線治療科」は、放射線治療棟の増築・治療機の導入後に稼働。放射線治療開始は2024年夏~秋を予定している。
 また、府中の既存の附属動物医療センターと、この度新設の当センターは、いずれも2次診療機関としての位置づけで、受診はかかりつけ動物病院(1次診療機関)からの紹介のみに限定される。ただし当センターでは、救急に限り、飼い主からの直接の連絡にも対応。スタッフの増員を図り2023年度には夜間対応を行う予定。将来的に夜間の獣医療の空白時間をつくらない体制整備に努める。
 問い合わせは以下より。
TEL042-388-7474(小金井動物救急医療センター受付)
※受付時間は当面のあいだは9:30~16:00

 

新設された小金井動物救急医療センター外観

開所式でのテープカット

第43回動物臨床医学会年次大会 開催される

 2022年11月19日(土)、20日(日)、大阪国際会議場グランキューブ大阪にて、第43回動物臨床医学会年次大会が開催された。新型コロナウイルス蔓延防止のため、2020年、2021年はオンラインでの開催となったが、本大会は感染対策を施したうえで3年ぶりの対面式での開催となった。

 以前と比べて開催日が1日短くなり、規模は縮小されたが、分科会ごとのセミナー、パネルディスカッション、特別講演など盛りだくさんで、症例検討、一般口演、ランチョンセミナーのほか、小動物臨床血液研究会、小動物臨床栄養学研究会および動物のいたみ研究会の講演、動物病院スタッフセミナー、ポスターセッションなど、その内容は充実していた。講演も立ち見が出るほど盛況なものもみられ、講師と参加者の間で活発な意見の交換があった。

 久しぶりの大きな対面式の学会で、あちこちで参加者同士の再会を喜ぶ声がきこえた。また、出展者にとっても、製品に興味をもった獣医師の先生方と直に話せる機会となり、対面式での開催は待ちわびたものであった。

 対面式のみの開催に際し、理事長の山根義久先生は、「確かにオンライン学会は、経費や時間が短縮し、大変合理的のようにみえるが、何かしらさみしい気持ちになったのは私一人ではないと思う。やはり、人生何事も合理的ばかりがよいとは限らない。」と述べた。

 本大会の参加者総数は、1,561名(獣医師900名、動物病院スタッフ158名、学生130名、企業関係者373名)、協力企業数は112社であった。成功裏に終わった本大会は他の学会が対面式になる道しるべになると思われる。

 次回、第44回年次大会は令和5年11月18日(土)、19日(日)に同会場にて開催予定である。

歓迎交流会で挨拶をする山根義久先生

講演会の様子

第21回 アジア獣医師会連合(FAVA)大会 および第40回 日本獣医師会獣医学術学会年次大会 開催

 2022年11月11日(金)~13日(日)の3日間にわたって、「第21回 アジア獣医師会連合(FAVA)大会」がヒルトン福岡シーホークにて「アジアからワンヘルスアプローチ~動物と人の健康は一つ。そして、それは地球の願い。~」をテーマに開催された。本会は公益社団法人日本獣医師会およびアジア獣医師会連合が主催し、福岡県および福岡市が共催した。農林水産省、環境省、厚生労働省、文部科学省、日本学術会議、公益社団法人日本医師会、公益社団法人日本獣医学会、世界獣医師会(WVA)も後援し、大会長は公益社団法人 日本獣医師会会長の藏内勇夫先生が務められた。さらに、第40回 日本獣医師会獣医学術学会年次大会(令和4年度)が連携開催され、令和四年度日本獣医師会獣医学術賞の受賞者への授与式が大会3日目に実施された。
 参加対象は、獣医師会会員をはじめ、医師・歯科医師・薬剤師・看護師・作業療法士・理学療法士・言語聴覚士などの医療関係者、関連学校の学生。同伴者などを含み、13の国と地域を含む国内外から約2,000名の参加登録を得た。
 大会では、特別シンポジウム、招待講演、記念講演として、COVID-19などの感染症対策、産業動物・小動物・野生動物などに関する最新の研究報告、アニマルウェルフェア、環境問題および公衆衛生など多岐にわたる専門的プログラムが組まれた。加えて、Welcome PartyやGala Dinner、開催地である福岡県と福岡市のPRコーナー、協賛企業展示など、参加者が楽しめるおもてなしが多く提供されていた。最終日には、人と動物の共通感染症対策や、ワンヘルスアプローチによる国際連携、動物と人が共生する社会構築に取り組むなどとしたアジアワンヘルス福岡宣言を採択し、盛会のうちに幕を閉じた。

会場内のフォトスポット

会場の様子

第28回北海道小動物獣医師会年次大会 開催される

 2022年11月6日(日)、ロイトン札幌(北海道)にて、第28回北海道小動物獣医師会年次大会が開催された。
 今回は獣医師プログラムとして学術セミナーが2題行われ、「X線が読めるようになるための、たった一つのポイント」と題し、北海道大学の新坊弦也先生が登壇。また、「『肺が白い』で終わらずに、原因に近づくための診断プロセス」と題し、同じく北海道大学の中村健介先生が解説された。また、獣医師ランチョンセミナーでは、中島尚志先生(HJS)が「非専門医のための整形X線診断〜1時間で極める、1時間で人生を変える〜」と題し、X線検査をなぜするのかを解説された。
 動物看護職プログラムでは、ランチョンセミナーとして、宮下ひろ子先生の「変化にうまく対応する~これからの動物病院スタッフに求められること~」の講演のあと、「~国家試験を受けるならここまでは知っておいて欲しい基本の麻酔の授業~」(伊丹貴晴先生、酪農学園大学)、「愛玩動物看護師に動物病院内で求められること!」(宮庄 拓先生、酪農学園大学)の2題のセミナーが行われた。
 紅葉がきれいな小春日和のなか、今回ははじめてハイブリッド型で開催された。とくに獣医師プログラムは現地開催とライブ配信のみとなり、同じ時間をより共有できる構成となった(動物看護職プログラムは登録者のみアーカイブ配信予定)。会場には多くの企業も出展し、参加者からも久しぶりの展示会場に来られて嬉しいとの声もきかれた。同日、同じ札幌市内で愛玩動物看護師国家試験の予備試験も開催されており、獣医療界にとって熱い一日となった。

北小獣会場の様子

第25回日本獣医療倫理研究会(JAMLAS)・(一社)日本獣医エキゾチック動物学会 共催セミナー 開催される

 2022年10月30日(日)、東京・新宿区の京王プラザホテルにて、第25回日本獣医療倫理研究会(JAMLAS)・(一社)日本獣医エキゾチック動物学会共催セミナーが開催された。
 今回は《ウサギと小鳥の診療における各講師のインフォームドコンセント方法と弁護士からのアドバイス》と題し、まず臨床獣医師4名の先生方による発表が行われた。「小鳥診療の現状」を西谷 英先生(バーズ動物病院・横浜)、「ウサギの診療の現状」を伊藤寿朗先生(アイリス動物病院・仙台)がそれぞれ臨床現場における小鳥とウサギに対する実際の診療方法について解説した。そして、「ウサギ診療において講師が行っているインフォームドコンセント方法」として、加藤 郁先生(加藤どうぶつ病院・鳥取)と戸﨑和成先生(アンドレ動物病院・宇都宮)の両名から自身の病院での対応を含めて解説が行われた。
 次に弁護士の立場から「エキゾチック動物診療の裁判例、解決例の紹介-うさぎ骨折事故に即して-」と題し、JAMLAS会員弁護師団の春日秀文先生、姫井葉子先生(ともに春日法律事務所)から、飼い主との交渉など具体的な裁判の事例が紹介された。
 発表に続く質疑応答およびディスカッションでは、具体例を交えて、エキゾチックアニマルに対する過失の対応策、裁判での判断基準など熱気のあるやりとりが行われた。
 閉会の挨拶では、日本獣医エキゾチック動物学会副会長の田向健一先生(田園調布動物病院)より、「飼い主からエキゾチック動物と思われていない小鳥やウサギの診療の質の向上に獣医師が取り組むことが診療動物を増やす意味でも必要」との持論を展開した。
 本セミナーは前回に続き、現地での対面開催となり、10月最後の日曜日、よい陽気のなか開催された。約150名の参加者は、臨床現場でこれからも多く遭遇するであろうエキゾチックアニマルへの対応に関して、熱心に聴講していた。

会場の様子

ひふゼミ 2022 開催される

 10月16日(日)、愛知県のウインクあいちにてひふゼミ2022が開催された。今大会では「肢端 ・ 肉球の皮膚疾患を攻略せよ!」というテーマのもと、臨床現場で獣医師の先生方が遭遇した症例を含めた開設により知識を共有した。講演は「手足を舐めるのが止まらない!~皮膚病?くせ?ストレス?の見分け方~」と題し、大嶋有里先生(犬と猫の皮膚科)が「皮膚科からのアプローチ」として、藤井仁美先生(Ve.C. 動物病院グループ)が「行動科からのアプローチ」としてご登壇した。ランチョンセミナーでは西藤公司先生(東京農工大学、アジア獣医皮膚科専門医)の「肉球の皮膚疾患」(録画配信)、一般講演では栃尾 巧先生(藤田医科大学)の「プレバイオティクスErythritol(ERT)によるブドウ球菌属の増殖抑制効果」、岩崎 望先生(ペテモどうぶつ医療センター幕張新都心)の「落葉状天疱瘡の治療にオクラシチニブを使用したミニチュアダックスフンドの一例」、近藤 仁先生(こんどう動物病院)の「猫の進行性組織球症の1例」と続いた。そして、今井昭宏先生(JASMINE どうぶつ総合医療センター皮膚科 ・ 耳科)の「趾間がパンパンに腫れています~肢端せつ腫症の診断と治療~」、全員参加型ディスカッション「実はみんなも悩んでる~肢端・肉球の皮膚疾患、こんな時どうしてる?これで本当に良いの?~」と続き、幕を閉じた。
 各講演では、すでに証明されている事実だけでなく、各先生の経験則を交えながら、小動物の皮膚に関する情報を幅広く交換した。質疑応答では登壇者が質問者へ意見をきく場面もあり、参加している全員で獣医療のなかの皮膚という分野への理解や対応方法をふかめようとする確かな意志を感じた。
来場者は50名以上、企業展示も5社入り、オフラインでのセミナー開催・参加がこれからよりすすんでいく印象をうけた。
 なお、来年のひふゼミは大阪での開催を予定している。

講演中の様子

次のページ »