小動物臨床総合誌 MVM(エムブイエム)、小動物腫瘍臨床 Joncol(ジョンコル)、獣医眼科プラクティス、動物看護コアテキスト 発行-ファームプレス

学会・セミナーレポート

VSJ SUMMIT 2019開催される

 2019年11月23日(土)、VSJ SUMMIT 2019がNagatacho GRiD(東京・永田町)において開催された。当日は全国から約95名の参加者が集まり、終日の雨にもかかわらず、活発なディスカッションが交わされた熱いミーティングとなった。VSJ SUMMITの目的は、獣医師・動物看護師・企業が「つながる」「業界の未来を語る」ことである。今回は「リーダーシップ ~Leadership~」をテーマに、動物業界の今、そして未来の潮流に関する講演が行われ、フロアからの質問や提案も含め、多くのアイディアがシェアされ、獣医業界のスペシャリスト・ジェネラリストが交流を深めた。
 プログラムに登場したSpeakerは教育者、認定専門獣医師、動物病院院長、日本国内外を問わず活躍中の獣医師・動物看護師、看護師、動物業界の起業家など多岐にわたっている。内容については以下の通り。
KEYNOTE 「動物看護師の国家資格化について~法律の側面から~(下薗惠子先生)」、Session1 「動物看護師に必要なリーダーシップとは? 国家資格と将来(Kenichiro Yagi氏、西村裕子先生、下薗惠子先生、村尾信義氏)」、Session2 「PetTECH ペット業界におけるテクノロジーの新潮流とリーダーシップ~(山入端佳那氏、堀 宏治氏、三本壮馬先生)」、Session3 「専門医療に求められるリーダーシップとは?(上地正実先生、小笠原聖悟先生、末松正弘先生、辻田裕規先生)」、Session4 「動物病院のマネジメント論とリアル 現場の事象から学ぶ(西山ゆう子先生、中村篤史先生、三好紀彰先生、朴 永泰先生)」。
 翌日には動物看護師に特化した「VNJサミット2019」が日本獣医生命科学大学にてはじめて行われ、両講演ともに現在の獣医療をピンポイントに切り取る内容であった。

VSJ SUMMITのSession前に登壇したSpeakerの先生方

VSJ SUMMITのSessionの様子

VNJサミットの様子

第40回動物臨床医学会記念年次大会 開催

 2019年11月15日(金)〜17日(日)、大阪国際会議場 グランキューブ大阪(大阪府・大阪市)にて、第40回動物臨床医学記念年次大会が開催された。

 本大会の前身である第1回動物病院臨床研究グループ年次大会が開催されてから40年を迎える今大会は、40周年記念大会として、世界獣医師会(WVA)会長のJohnson Chiang先生や、猫腎臓病治療薬としてのAIMについて東京大学の宮崎 徹先生によるご講演、日本学術振興会科学研究費助成事業による研究成果公開促進費の助成を受けた「高齢化社会を迎えて、残されたペット達への対応」という高齢化社会を迎える人とペットの問題にも目を向けた内容など、様々なシンポジストによる講演が展開。また、多くの分科会企画による講演や、ランチョンセミナーが展開され、充実した3日間となった。

 また2019年は、2015年度に設立された「獣医総合臨床認定医制度」が5年目を迎え「獣医総合臨床認定医試験」の受験資格を満たす先生も登場。第1回認定試験が今大会開催中に実施された。2020年1月中には合格者発表予定。

 「40周年を迎え、これからまた新たな一歩がスタートする。昨今の自然災害をうけOne Healthの大切さも実感した。我々は獣医師として何ができるのか考えていきたい」「今年は愛玩動物看護師法案や改正動物愛護法案が通り、今後具体的に施行されれば、獣医会の社会的貢献度はますます高まるであろう」と山根義久先生(公益財団法人 動物臨床医学研究所理事長)は語る。

 元号が令和へと変わり、獣医界を牽引する役割がこれまで以上に期待される。
次回は令和2年11月20日(金)~22日(日)に同会場で開催予定。

第40回動物臨床医学会記念年次大会歓迎交流会の様子。公益財団法人 動物臨床医学研究所理事長の山根義久先生の挨拶

本大会へ長きにわたり貢献された先生方へ表彰

各分科会のアワード受賞式の様子

動物のいたみ研究会シンポジウムの様子

行動学分科会の様子

シモゾノ学園2019年度どうぶつ祭 開催

 2019年11月2日(土)、3日(日)の2日間にわたり、学校法人シモゾノ学園の国際動物専門学校(東京校)および大宮国際動物専門学校(大宮校)において、「どうぶつ祭」が開催された。この催しは、同校で動物看護やトリミング、動物飼育などについて学んでいる学生たちが、日頃の学習の成果を外部に向け発信する場となっている。
 大宮校では、8階建て本館校舎の教室に各学習分野で分かれ、展示やワークショップ、ショーなどを行った。出し物はいずれも学生たちが学んでいる知識や技術を生かした内容となっており、たとえば動物看護の学科では、動物の病気や治療方法についてのクイズに答えながらゲームを楽しむテーマパーク風の展示を行った。トリマーやドッグトレーニングの学科は、犬と学生が共にショーに出演し、学生たちの技術と犬たちの愛らしさや賢さを披露した。また動物飼育の学科では、昆虫や爬虫類、魚類、エキゾチックアニマルの展示やふれあいコーナーを設けており、特にジャコウネコ科のビントロングを、トレーニングの成果とともに紹介するショーは人気で、多くの人が集まっていた。東京校校長の下薗惠子先生によると、学校飼育動物は折々に大宮校付近の小学校の生徒にも公開され、地域の児童学習に貢献しているという。
 「どうぶつ祭」には、地元地域の動物好きの家族、動物看護師やトリマーを目指す高校生などが多く訪れており、校舎内はどこもにぎやかで笑顔にあふれていた。

北海道小動物獣医師会年次大会2019 開催される

 2019年11月2日(土)、3日(日)の2日間にわたり、紅葉色めく北海道・ロイトン札幌において、北海道小動物獣医師会年次大会2019が開催された。令和となって初の開催となる27回目の本大会では、獣医師学術セミナーと動物看護師セミナーを柱に、症例検討会、動物看護師発表会、ランチョンセミナー、企業セミナーなどが行われた。

 初日は計7講演が行われ、獣医師ランチョンセミナーでは、「心原性肺水腫に対する治療戦略」と題し、川瀬広大先生(札幌夜間動物病院)が肺水腫の問題点に対し、ピモベンダンを含む薬物治療のポイントを解説された。また、動物看護師対象のランチョンセミナーでは、愛知県で動物介護専門ケア施設を運営する安部里梅先生(PET CARE HOME Lyuca)の「今すぐ実践!犬の介護で役立つ4つのテクニック」が行われ、老犬介護で経験する食事の問題を中心に解説された。

 2日目も計7講演が行われ、獣医師ランチョンセミナーでは、「5−ALA(5−アミノレブリン酸)の犬猫への応用:腎不全・脂質代謝異常への適用」と題し、後藤正光先生(菊水小さな動物病院)などが、5−ALAがもつ犬猫応用の可能性、たとえば脂質代謝異常、糖尿病、肥満、慢性腎不全などについて論文やデータを交えて解説された。

 本年3月から北海道小動物獣医師会新会長として、掛端健士先生(かけはた動物病院)が就任し、令和の新時代を新たな体制で突き進まんとする気概が見受けられた。約80の展示ブースが並び、会場内は2日間ともに熱気に包まれた。


掛端健士先生


会場の様子

第3回 薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰式にて、獣医臨床感染症研究会(VICA)が「薬剤耐性へらそう!」応援大使賞を受賞

 2019年11月9日(土)野村コンファレンスプラザ日本橋(東京都中央区)にて、内閣官房 国際感染症対策調整室主催による「第3回薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰式&『薬剤耐性へらそう!』応援大使によるトークイベント」が開催された。
 薬剤耐性(AMR)対策の広がりを促進することを目的に2017年から開催されている本イベントは、今年で3回目を迎える。「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰式」では、AMR対策の普及啓発活動に取り組んでいる個人や団体へ表彰が行われた。

 今年は個人へは2人、団体としては4団体が選出され、獣医療の分野も「小動物臨床現場でのAMR(薬剤耐性)対策活動」の活動名称で「薬剤耐性へらそう!」応援大使賞を、獣医臨床感染症研究会(VICA)が受賞した。
 愛玩動物(ペット)から分離される薬剤耐性菌を調査し、抗菌薬の適正使用の重要性についての普及活動を実施し、大動物と比べ薬剤耐性の普及啓発が十分すすんでいるとはいえないペットを対象とし、連携シンポジウム、定期的な症例検討会、各種専門誌への投稿の普及啓発活動を実施していること、獣医師向けの抗菌剤使用ガイドラインの作成等が予定されていることから、今後もペット分野における薬剤耐性の普及啓発につながることが評価され、今回の受賞へとつながった。

 また後半の「薬剤耐性へらそう!」応援大使によるトークイベントでは、平成28年より応援大使をつとめるタレントのJOY氏、篠田麻里子氏、そして専門家として大曲貴夫先生(国立国際医療研究センター病院、AMR臨床リファレンスセンター センター長)に加え、今年はタレントの荒牧慶彦氏やAMEMIYA氏も参加。AMR対策についてわかりやすく伝えた。またAMEMIYA氏により抗生物質を正しく服用することの大切さをテーマにした歌も披露され、会場をもりあげた。

 毛利 衛氏(薬剤耐性(AMR)対策推進国民啓発会議 議長)は、「薬剤耐性」「薬剤耐性菌」というキーワードをぜひ記憶し周知してもらえたらと語った。
 医療と獣医療の連携が重要である薬剤耐性問題。今後も一層の情報提供、認識の促進が求められる。


毛利 衛、薬剤耐性(AMR)対策推進国民啓発会議 議長

受賞の喜びを語る、獣医臨床感染症研究会(VICA)会長の
村田佳輝先生

登壇者全員にて

表彰式に出席された獣医臨床感染症研究会(VICA)の先生方。
右から本研究会会長の村田佳輝先生、栗田吾郎先生、露木勇三先生、
木村祐哉先生

日本獣医麻酔外科学会 2019年度 関東地区講習会 開催

 2019年11月3日(日)一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会 2019年度 関東地区講習会が、AP横浜駅西口(神奈川県・横浜市)で開催された。
 テーマは「一次診療でも必要な集中治療 あと一歩の踏み込みを考える」。カルフォルニア大学のデービス校からアメリカ公認獣医救急集中治療専門医である上田 悠先生が来日され「集中治療概論 獣医療における集中治療とは?」の講演を筆頭に、杉浦洋明先生(DVMsどうぶつ医療センター横浜)による「心肺蘇生から集中治療へ ROSCした後に…」、長久保 大先生(東京大学)による「循環管理」、塗木貴臣先生(TRVA夜間救急動物医療センター)による「1次診療でも必要な集中治療 呼吸管理編」、柿嶌 圭先生(動物救急センター府中)による「一次診療でも必要な集中治療~あと一歩の踏み込みを考える~中枢神経管理編」の講演が行われた。
 当日は事前登録120名を上回る150名もの参加者が集い、日本ではこれからの展開が期待される「集中治療」に会場は熱心に耳を傾けた。
 また、ランチョンセミナー(協賛:ゾエティス・ジャパン株式会社)では、「高齢犬で増加している運動器疾患の健康維持と慢性痛管理」をテーマに枝村一弥先生(日本大学)が講演され、運動器疾患について、人医療のロコモ体操を獣医療でもとりいれ健康維持に役立てる試みや、非ステロイド系消炎鎮痛剤の新しいスタイルなど、予防から治療、管理まで運動器疾患をとりまく現状を解説された。
 朝10時から夕方の5時まで、参加者たちは充実した時間を過ごした。

講習会会場の様子

アメリカ公認獣医救急集中治療専門医の
上田 悠先生

ランチョンセミナーの様子

一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会 
廉澤 剛会長の挨拶

第6回 Asian Meeting of Animal Medicine Specialties 開催

 2019年10月23日(水)〜25日(金)の3日間にわたり、中国・上海跨国采購会展中心(SHCEC)において、第6回 Asian Meeting of Animal Medicine Specialties(AMAMS)が開催された。

 本会は、アジア地域での獣医学分野の基礎知識や技術の向上および発展を目的に2年に1回開催されており、前回の韓国・大邱に続き、アジア獣医眼科(AiSVO/AiCVO)、アジア獣医皮膚科(AiSVD/AiCVD)、アジア獣医内科(AiSVIM/AiCVIM)、アジア獣医外科(AiSVS/AiCVS)の4分野で合同開催などのかたちで基調講演、一般講演、ポスター発表などが行われた。今回は24日に行われたAiSVO(アジア獣医眼科学会)関連の眼科セミナーを中心に報告する。

 まず、会場に入るとすべての参加者の対し荷物検査が実施されていた(なお、上海市内は地下鉄に乗る際なども入場口で毎回荷物検査が行われる)。また、会場への入退室も名札の下にあるQRコードを係の方がスマートフォンで読み込むことで管理・調査されていたことが印象的であった。

 23日のプレコングレスでは、ロイヤルカナンおよびカールストルツ主催のセミナーが本会場のカンファランスルームにて、SINGEN主催のセミナーが隣接するJWマリオットホテル上海チァンフェン パークにて行われた。とくに、SINGEN主催のセミナーでは「猫」をテーマに、猫の腎臓病や糖尿病、救急に関する講演が行われた。講演者として参加されていた石田卓夫先生(赤坂動物病院)に話をうかがうと、中国国内に約7,000万頭いるともいわれる猫に対し、中国の獣医師の先生方が猫の情報を知りたいと思うのは当然の流れであり、日本の立場から多くのアプローチが今後可能かつ必要であるとのことであった。

 講演はすべて英語によるもので、中国語の同時通訳が入った。24日からはじまった展示会場では、内科、外科、皮膚科、眼科、画像診断と各ブロックに分かれ、展示はもちろん、会場内セミナーやポスターセッションなどが行われた。


荷物検査の様子(写真上)

展示会場の案内(同下)

講演会場の様子(同上)

プレコングレスの様子 (同下)

展示会場の様子

公益社団法人 日本動物病院協会(JAHA)年次大会2019 開催

 2019年10月14日(月・祝)にJAHA年次大会2019が東京大学弥生講堂一条ホール、弥生講堂アネックス他(東京・文京区)で開催された。
 あいにくの台風の接近により参加者の安全を優先し、今年は急遽1日のみの開催と日程変更があったものの、当日は熱意あふれる多くの参加者たちが集い、思い思いの会場へ足を運んだ。

 獣医師プログラム「JAHA流ラウンド」では、モデレーターに中村篤史先生(TRVA夜間救急動物医療センター)を迎え、「猫の救急:循環器科」岩永孝治先生(東京動物心臓病センター)、「歯科の救急」江口徳洋先生(Vets Dental & Oral Surgery Office)が発表された。各症例について、救急診療と専門獣医師そして会場の参加者が熱心に意見交換を行った。このほか西村亮平先生(東京大学)、賀川由美子先生(ノースラボ)、長谷往明先生(はせ動物病院)をアドバイザーに、東田周三先生(ベル動物病院)を座長に迎え「認定医を目指すための症例発表会」も実施された。

 動物看護師プログラムでは「動物看護師だからできること。がん治療を支えるための基礎知識」村上昭弘先生(葉山どうぶつ病院)、「糖尿病の基礎知識」金本英之先生(DVMsどうぶつ医療センター横浜)といった補講や「歯科学」樋口翔太先生(ひぐち動物病院・整形外科病院)など、動物看護師として知っておくべき知識について丁寧に紹介された。
 ホスピタルプログラムでは吉田 剛先生(よしだ動物病院)、木村真治先生(王禅寺ペットクリニック)、宮下ひろこ先生(アシスト・ヒューマンリレーションズ)をプレゼンターとして迎え「JAHA流TED×Business」を、続いてJ-Laboマネジメント研修専任講師である小川祐一先生をまねいての「動物病院のためのチーム力向上セミナー」が実施された。

 市民講座では「千葉県こども病院での調査研究」夏目百合子先生(赤坂動物病院)、「アニマルセラピーの効果検証報告~高齢者・セラピー犬そしてボランティアの方々への効果について~」熱田 靖氏(ユニ・チャーム(株))、「オキシトシンとコルチゾール測定」太田光明先生(東京農業大学)、「千葉県がんセンターでのアニマルセラピーの実際~ボランティア支援室での活動報告~」上加世田豊美氏(千葉県がんセンター)の発表が行われた。これらの発表では、セラピー犬がもたらす効果について、エビデンスに基づき紹介され、参加者は科学的な知見からもセラピー犬の活動意義について理解を深めた。このほか「ペットとの豊かな暮らしで知っておきたい:ここまでわかっている、犬・猫アレルギー」坂東由紀先生(北里大学メディカルセンター)、「子犬と子猫の幸せな未来を!こいぬこねこ教育アドバイザーからの提案」ではJAHA認定こいぬこねこ教育アドバイザーとボランティア犬も登壇し、本池俊仁先生(清澄白河アニマルクリニック)が講演、最後に「一緒に活動するってこんなに楽しい!~しつけ教室からCAPP活動で広がるなかま~」阿部容子先生(あべ動物病院)が発表された。

 昨年2018年にJAHA設立40周年を迎え、あらたな一歩を踏み出した2019年の年次大会。「今後もより魅力的な、そして精査されたプログラムを提供していきたい」とJAHA新会長の川田 睦会長は、来年2020年のJAHA年次大会に向けて意気込みを語った。


JAHA新会長の川田 睦先生


CAPPボランティア 感謝状贈呈式にて


市民講座の様子


JAHA流ラウンドの一場面

FASAVA-TOKYO 2019(第21回 日本臨床獣医学フォーラム 年次大会)開催

 2019年9月25日(水)~29日(日)にわたり、FASAVA-TOKYO 2019がホテルニューオータニ(東京・千代田区)で開催された。

第21回 日本臨床獣医学フォーラム年次大会をFASAVA(Federation of Asian Small Animal Veterinary Associations:アジア小動物獣医師会連合会)として、公益社団法人 東京都獣医師会(TVMA)と一般社団法人 日本臨床獣医学フォーラムが主催にて開催。FASAVAはアジア・パシフィック各国の様々な獣医師団体が参加してつくられた国際的な学術団体で、毎年いずれかの加盟国で年次大会が開催される。2019年は、FASAVAに加盟している東京都獣医師会とJBVPが協力し実現させた。

JBVP年次大会で毎年開催している国内講師による日本語での講義に加え、国内外の講師による英語の講義を実施。展示会場も例年の2倍に拡大し、アジア各国からの参加者を暖かく迎え、獣医師・動物看護師・トリマー、そして市民向けのプログラムが展開され、7,000人を超える参加者たちは、思い思いの会場へ足を運んだ。

また、25日(水)にはFASAVA Pre-congressとして「Hill’s PREMIUM SEMINAR」が開催され、「犬猫の消化器疾患への新たなアプローチ、マイクロバイオーム」をテーマに講演・パネルディスカッションを開催。本セミナーも国内外から多くの参加者が足を運び、消化器疾患、マイクロバイオームの活用について理解を深めた。

次回2020年FASAVAはタイ(バンコク)で11月4~6日に実施される。
第22回 日本臨床獣医学フォーラム年次大会2020は2020年9月25~29日に、FASAVA-TOKYO 2019と同じホテルニューオータニ東京(東京都・千代田区)で開催。


ガラディナーの様子


29日(日)のCLOSING CEREMONYの様子


FASAVA-TOKYO 2019を支えた先生方が登壇され、名残惜しんだ。
次回2020年FASAVAはタイ(バンコク)で11月4~6日に実施される予定

第12回 日本獣医腎泌尿器学会学術集会・総会 開催される

 2019年8月25日(日)、品川フロントビルにおいて「ヒトと動物の共通する難治性腎疾患―CKDとしての多発性嚢胞腎」をテーマに第12回 日本獣医腎泌尿器学会学術集会・総会が開催され、約160名が参加した。開催にあたっては、学会顧問である山根義久先生からご挨拶があった。

 基調講演では、川崎医科大学の柏原直樹先生が「本邦の慢性腎臓病の現況、病態解析と治療の進歩」と題して、ヒトにおける健康寿命を阻害する要因のひとつとして考察されるCKDについて解説された。今後、人医療と獣医療の学術交流を通して双方の理解を深めていくことが期待できる講演だった。続いて、「日本におけるネコ多発性嚢胞腎の広がりとPKD1遺伝子変異」小林沙織先生(岩手大学)、「ネコ多発性嚢胞腎症例の管理と治療法」佐藤れえ子先生(岩手大学)が講演された他、日本ヒルズ・コルゲート株式会社協賛によるランチョンセミナーでは「注目されつつある身体診察項目 体重とマッスル・コンディション・スコア」竹村直行先生(日本獣医生命科学大学)および16題の一般症例・研究発表があった。いずれの講演・発表においても多岐にわたる質疑応答が繰り返され、講演者・質問者の間だけではなくフロアからも活発に意見が述べられる熱気に溢れた集会であった。

 また、先の第11回学術集会のアワード受賞者が今大会において表彰された。受賞演題・受賞者名は次の通り。【研究発表部門 優秀賞】「移行上皮癌のイヌに対する抗HER2療法のパイロットスタディ」酒居幸生先生(東京大学)、「犬の移行上皮癌におけるBRAF(V595E)遺伝子変異による細胞内シグナル伝達系の活性化」山﨑寛文先生(日本動物高度医療センター)、【症例報告部門 優秀賞】「幼齢期の尿道損傷を成長後に再建した雄猫の1症例」藤原昌雄先生(長崎どうぶつ病院)。

会場の様子

次のページ »