2021年7月28日(水)、29日(木)の2日間にわたり、東京都立産業貿易センター 浜松町館にて、第10回 HJS年次大会 2021/第7回 スキンケアベストプラクティス 2021が開催された。
初日の第10回 HJS年次大会 2021では、「診断エラー〜その病気は見つかりませんでした〜」と題し、代表の中島尚志先生をはじめ、計5名の専門家の先生が診断エラーをテーマに講演が行われた。なかでも、MVM問診特集でもご執筆の小野 啓先生(パル動物病院)の「臨床獣医師のための眼科診断エラー」では、問診特集記事とリンクする内容で診断の間違いや遅れ、見逃しがどのように発生し、どのように予防するかを解説された。
2日目の第7回 スキンケアベストプラクティス 2021では、「再起動:犬の耳疾患の本質に迫る ~皮膚科学的診療から集学的診療への転換~」と題し、人医である高橋優二先生(井上病院総合内科)の「プライマリケアで一生使える耳鼻咽喉科診療(動画講演)」をはじめ、獣医界で活躍する3名の先生による耳疾患の最新知見が報告された。
2日目の閉会のあいさつでは、中島先生が「耳の診療からたくさんの情報を取り出すことができる。人医では耳の診療に関しては多様性を高めることで、収益が上がることが証明されているので、同様に獣医療でもやらなければいけないことはたくさんある。今までの耳の診療のやり方をブラッシュアップしてすすめるのではなく、『再起動』して認識を新たにして、多様性と生産性を付加した市場価値のある耳の診療にあたってもらいたい」と述べ、講演を締めくくった。
緊急事態宣言下のなかでのオンライン配信とのハイブリッドセミナーであったが、参加者の先生は各講演を熱心に聴講していた。企業展示ブースも並び、新型コロナウィルスとの共存の道が少しずつ開けている印象であった。

講演の小野先生

 

下記チケット販売サイトにてアーカイブ配信中
https://www.nsdrive.com/products/list.php?category_id=7
アーカイブ配信公開期間:2021年8月10日(火)22:00~8月25日(水)23:00
チケット販売期間:2021年8月8日(日)8:00まで