2019年7月6日(土)、7日(日)、東京コンベンションホールにいて、第21回日本獣医がん学会が開催された。両日とも曇天や雨模様であったが、約830もの参加者、賛助会員17社・協力企業10社からランチョンセミナー協力1社、学会広告協力6社、展示協力12社によって盛大に開催された。
メインシンポジウムは500名収容可能な大ホールにて「犬の軟部組織肉腫」が講演されたが、立ち見となった会場とは別に講演を視聴できるサテライトの講義室も満員となっていた。そのほか総合教育講演、教育講演、一般口演、内科セッション、ランチョンセミナー、症例から学ぶCPCなど、充実したプログラムに加え、認定医認定証授与式、来る2020年3月19日(木)~22日(日)に第22回日本獣医がん学会が共催される世界獣医がん学会に関する詳細が案内されるなど、極めてバラエティに富んだ大会となっていた。
 なお、世界獣医がん学会と共催される次回の日本獣医がん学会は東京での開催となり、その後2022年までは開催地の変更がある。詳細は、日本獣医がん学会ホームページにて随時更新される予定である。


メインシンポジウム会場の様子