2022年8月28日(日)に、第14回 日本獣医腎泌尿器学会学術集会・総会(主催:日本獣医腎泌尿器学会、大会長:市居 修先生<北海道大学>)が、「国際標準から読み解く腎泌尿器病学」をテーマに、ベルサール飯田橋ファースト(東京都)において開催された。新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、会場開催は2019年の第12回大会以来となる。今回は、オンラインで開催された第13回大会の経験も活かし、会場開催に加え、オンラインでのLIVE配信と併せたハイブリッド形式による開催となった。会場では、マスク着用、手指消毒、参加者同士が十分な距離を維持、講演者や質問者など発声が予測される位置にはアクリルパネルを設置、定期的な換気など、感染対策が施されていた。参加登録者は470名、会場参加者は約100名、出展企業は7社であり、学術集会当日のオンライン参加者は、160名となった。

大会内容は、特別講演、シンポジウム、ランチョンセミナー、一般演題発表と1日を通して充実したプログラムが組まれた。

特別講演としては「炎症性微小環境3次リンパ組織が制御する腎修復」と題し柳田素子先生(京都大学大学院医学研究科腎臓内科学)が最新知見を紹介された。またシンポジウムでは「国際標準から読み解く尿管閉塞と蛋白尿」と題し、福島建次郎先生(コロラド州立大学小動物内科、どうぶつの総合病院)、德永 暁先生(コロラド州立大学小動物外科、JASMINEどうぶつ総合医療センター)、浅川 翠先生(どうぶつの総合病院)が、多くの知見を紹介された。

獣医学・医学のスペシャリストによる講演および意見交換、臨床医、大学および企業による症例・研究報告に対して、会場フロアおよびLIVE配信視聴参加者からも同時に質問を受け付け、いずれの講演でも活発なディスカッションが繰り広げられた。

大会長の市居 修先生

会場の様子