(50件 〜 56件)前の7件1頁 2頁 3頁 4頁 5頁 6頁 7頁 8頁 9頁 10頁 11頁 12頁 13頁 14頁 15頁次の7件


MVM No.147 In Practice2014
In Practice 日本版




定価:本体価格6,500 円+税

CONTENTS

3 猫の末端肥大症アップデート
Update on feline acromegaly
訳:仲間千夏・竹村直行

9 猫の慢性鼻汁およびくしゃみ
Chronic nasal discharge and sneezing in cats
訳:仲間千夏・竹村直行

21 猫の甲状腺機能亢進症の診断と治療
Diagnosis and management of feline hyperthyroidism
訳:伊藤寛恵・戸野倉雅美・藤田桂一

31 正しい薬物選択
1.抗けいれん剤を使用した第一選択治療

Choosing the right drug
1.Anticonvulsants used for first-line therapy
訳:小畠 結・神志那弘明

39 正しい薬物選択
2.抗けいれん剤を使用した第二選択治療と
その他の抗けいれん薬および代替療法

Choosing the right drug
2.Anticonvulsants used for second- line therapy,
other anticonvulsants and alternative therapi
訳:小畠 結・神志那弘明

49 犬猫の急性腎障害
1.病態生理および診断

Acute kidney injury in dogs and cats
1.Pathogenesis and diagnosis
訳:宮本賢治

58 犬猫の急性腎障害
2.治療、看護および結果

Acute kidney injury in dogs and cats
2.Management, treatment and outcome
訳:宮本賢治

69 蛋白漏出性腸症:原因、臨床徴候および診断
Protein losing enteropathy:causes, clinical signs and diagnosis
訳:仲間千夏・竹村直行

77 臨床獣医師のためのメタボロミクス
Metabolomics for the practising vet
訳:栗田吾郎






MVM No.147 In Practice2014を




猫の感染症
■監修:Katrin Hartmann
    Julie K Levy
■監訳:遠藤 泰之

■A5判  224頁  ソフトカバー  オールカラー

定価:本体価格10,000 円+税

本書は、感染症に関する知識の向上と実践のため、臨床獣医師と臨床ローテーションに参加している獣医学生必携の一冊!
普段、猫の診療において注意すべき臨床症状、診断方法、治療法選択、予後等、非常に豊富な情報がケーススタディ形式で盛り込まれています。
各症例の紹介の最後に、現在有している知識を確認するために、読者自身による自己評価を行うための質問を付記。症例ごとの写真などは古典的な独特な病態を理解するのに役立つように構成しています。"""""""







猫の感染症を




小動物臨床における輸液療法 第3版
― 体液・電解質・酸-塩基の障害 ―
■監修/STEPHEN P. DIBARTOLA
■監訳/宮本賢治

■A4判 708頁 ハードカバー モノクロ

定価:本体価格25,000 円+税

ワンステップ上の輸液療法を目指すあなたに!

◇世界中の獣医科大学の教育病院で内科・外科を問わず常備教科書として活躍している輸液療法に関する大著!

◇体液・電解質・酸-塩基の障害を治療する際に必要となる基礎を1章〜13章で詳細に解説し、残り16章でそれぞれの疾患状態における輸液療法を実践的に解説してあります。

◇膵臓疾患や肝疾患に対する輸液療法の情報がふんだんに盛り込まれていますので、実際の臨床現場においても大いに役立ちます。

◇第3版では、「カルシウムの障害」を大幅に内容変更し、低カルシウム血症の内容が拡充されました。また、酸-塩基の障害、犬と猫の腎臓の生理学、電解質がさらにわかりやすく解説されています。"







小動物臨床における輸液療法 第3版を




犬と猫の外傷性疾患のX線アトラス 〜症例ごとのアプローチ〜
■監訳 :中山智宏

■A4判 568頁 ハードカバー モノクロ

定価:本体価格19,000 円+税

本書はすべてのX線画像が外傷症例のみを対象にして整理収集され、313症例もの豊富なX線画像が掲載されており、貴重な外傷疾患画像の集大成となる臨床獣医師必携の一冊!放射線医学用語の解説ページもあり、掲載されている症例およびX線画像は胸部、腹部、運動器等全身にわたり、さらに特殊領域としては銃創、中毒、虐待症例のX線画像を取り扱っており、簡潔に解説されています。 "







犬と猫の外傷性疾患のX線アトラス 〜症例ごとのアプローチ〜 を




小動物外科シリーズ 骨盤領域
■監訳 : 西村亮平

■A4判  296頁  ハードカバー  オールカラー

定価:本体価格18,000 円+税

犬猫の会陰ヘルニアや肛門から陰茎、包皮、雌の外陰部を含む「骨盤領域」における軟部組織外科について、それぞれの解剖学的領域によく見られる主な疾患を解決するための外科的手技が豊富な写真とイラストで段階的、かつ詳細に解説されています。臨床例のページでは、使われている手技の難易度と疾患の発生頻度が5段階で表示され、すべての小動物臨床獣医師にすぐに役立つ必携の一冊となっています。







小動物外科シリーズ 骨盤領域を




獣医腫瘍学テキスト
■監修:日本獣医がん学会
獣医腫瘍科認定医認定委員会
委員長 石田卓夫


■A4判 292頁 ソフトカバー オールカラー

定価:本体価格15,000 円+税

日本獣医がん学会の獣医腫瘍科U種認定医ガイドラインに沿ってまとめた獣医腫瘍学の入門的テキスト










獣医腫瘍学テキストを




動物臨床に役立つやさしい免疫学
■谷口明子著

■B5判  84頁 ソフトカバー オールカラー

定価:本体価格4,200 円+税

「動物臨床学に役立つ免疫学」にしぼり、基礎から応用までを図やイラストを使ってやさしく解説!







動物臨床に役立つやさしい免疫学を